読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹ちゃんの世間に対するアレコレ

「当たり前の毎日に新しい視点を。新しい表現を」をテーマに、あまのじゃく大学生が日々の生活を新しい視点からシニカルに文字にしていこうと思います。 お付き合いいただけると幸いです。

就活生の平凡なる一日で芽生えたアレコレ

こんにちは

107日目です。

 

昨日は、ドロスにはまっているとここで書きましたが、早速推し変してヤバイTシャツ屋さんにハマってしまいました竹原です。ほんと飽きっぽい。 

www.youtube.com

 

最近、こういう等身大の心情を歌うバンドが流行ってますよ。

非リア充はキュウソだし、エロスはクリープだし。

お、これは竹原もいけるんじゃね、、。とか思ったりもします。

いつか、竹原ついに詩をかく。をやろうと思います。

 

 

 

そんな訳で、本日も昨日に引き続き

今日あった出来事を発表していくブログです。

 

ついに、このブログも日記的な要素が強くなってきました。

ネタがないからしょうがない!

 

では、いってみよ〜!!

 

就活生の平凡なる一日で芽生えたアレコレ

f:id:thomas21:20170418004149j:plain

*就活生ってタイトルに入れればPV上がるかなっていう作戦

 

 

電車に乗り込む列に横入りする就活生

竹原はバイトに行くのに、毎回電車を使うので、本日も所定の位置にスタンバッて電車を待っています。竹原の並んでいる列には、誰もいません。やったぜ座れる可能性大だぜ!と喜ぶ竹原。もちろん黄色の線の後ろに立っています。

そして、5mほど先のドアの待機列には、40代半ばの女性2人と就活生らしき女性が立っています。しかしながら竹原はわかっています。そのドアが優先席寄りのドアで基本的に座れないドアであることを。そのため、竹原は「御愁傷様ですぅ〜〜」と思いながら電車を待っています。

 

待つこと数分、いよいよ電車がきました。

見た所、そこそこ混んでいるようです。10時代の電車のシニア層が多くて逆に混んでる現象です。「あ〜、でも俺の列は俺一人だからどうにか座れるかな、ラッキ〜」なんて思ったのもつかの間、ゆっくりと乗り込む予定のドアが近づくと共に、その優先席に当たるドアの前に立つ就活生が、座れない状況を察したのか、電車と同じ速度でスライドしてきます。それも、黄色の線の内側を。

そして、竹原の前で止まります。

そして、乗り込んで席をゲットしていきます

まるで「へっ、クソ大学生め、就活生様のお通りだぞ。席を譲りなさい」と言わんばかりの澄まし顔で。

どうやら竹原は私服だったため、クソ大学生扱いされたそうです。スーツ着ててもクソ大学生だけど。(完全な被害妄想です。)

*大学の最寄りの駅のため、利用客の大半が大学生。

 

竹原は心の底から思いました。

就活の自己PRで、「私は気の利く人間です」っていってて欲しいと。

「私は、些細なことに気がつく人間です。その、強みを生かして御社では、相手の期待を超えるおもてなしを提供していきたいと思います。」

とかいってて欲しい。

 

ホスピタリティ〜〜〜〜笑

 

 

自販機の前でエナジーを注入するかのように、Qooを飲み干す男子就活生

竹原は目撃しました。Qooを全力で飲み干す男子就活生を。

きっと疲れていたのでしょう。エナジーが足りていなかったのでしょう。

まるで、砂漠に降る雨のように、彼は素晴らしい表情でQooを飲み干します。

もう、CMをあげたいくらいの飲みっぷり。

見てる私も清々しい気持ちになります。

ちなみにQooはりんご味。

 

いや〜、飲み終わって、ペットボトルを捨てて立ち去る彼の背中から出されるHP満タン感は美しかった。

 

 

アキレス腱の靴擦れの跡に親近感

単なる性癖です。なんか萌えるよね。萌えるって表現の使い方がよくわからないけど。

とにかく、あ、生きてるんだなって思います。そう、生活の一部を垣間見る感じです。

ちなみに、絆創膏とかも胸熱ですね。

もっとみなさんスニーカーを履きましょう。

 

 

スーパーで惣菜を手で触っていく子供

子供という表現を使い、ふと自分がもう子供でないことを気付かされ悲しくなりました。

小さい子って何かと触りたがるじゃないですか、そしてその魔の手はスーパーで陳列されているお惣菜にも及ぶわけで、ペタペタとコロッケやら、メンチカツやらに触れるわけです。

竹原が気になったのが、それを目撃した親の対応。

子供が触るのは、しつけの問題でもあるけど、本能的な問題でもあるから仕方ないのかなと思うけど、竹原がみた親はただ子供を注意するだけなんですよ。

注意して、その場をささっと離れる。

子供は、他の人の口に入るだろう商品に、何を触ったのかわからない手で触れているのに。

買えとは言わないから、店員に一言「子供が触っちゃったんです」って言うくらいあってもいいのかなって思います。

まぁ、面倒臭いし、バレなきゃいい感もあるけど。

 

そういうところをしっかりとできる大人ってかっこいいなって思います。

 

 

電車内でAndroidのスマホをマウスで操作する聖お兄さん

長いコードを邪魔そうにリュックの上でマウスを操作してました。

是非とも、ワイヤレスにしてもらいたいです。

マウスでも操作できるAndroidってすごいなと思った竹原でした。

 

 

駅前で毎日チラシ配りをしている美容師の卵

毎日、駅前でチラシ配りしています。

「こんにちは〜、インパークで〜す。」

 

知ってます。きっとみんな知ってます。

この近くの美容室の中で一番安くて予約のいらないところですよね。

 

 

でも、毎日配っています。

それも主に大学生をターゲットに。

 

きっと、明日もしていることでしょう。

 

季節に応じて、広告の色が変わるようなので、これから全色コンプロートしてみようかなと思います。

 

ちなみに、竹原は以前、受け取らなかった時に舌打ちされてムカついたのであえてもらってその15メートル先のゴミ箱にリリースするルーティンを実行しています。

 

 

 

以上、竹原の平凡なる1日でした〜。

 

 

 

「日常に意外と面白いものは転がっている」そんな一日。

こんにちは

106日目です。

 

最近、もっぱらドロスこと[Alexandros]を聞いている竹原です。ついこの前まで「ドロスってシャンペの時の方がよかったよね。今の曲シャカシャカしまくりだよね。おしゃれロックまじ笑」って言ってたのにも関わらず。ドロスファンのみなさんごめんなさい。ちなみにお気に入りはDroshky!です。


[Alexandros]

 

 

 

そんな竹原なのですが、今日は新しいツールを生活に取り入れました。

その名も、、、、

 

Evernote

 

「結構ありきたり(笑)」

そんな声も聞こえてきそうな気もしますが、実は前から使ってましたが、、。

日常でおこる面白い出来事をメモするのに使おうかと思います。

Iphoneのノートだと少し散らかるから、あえてネタ帳に特化させた形です。

 

という訳で本日、竹原が遭遇した面白かった出来事をご紹介しようと思います。

 

では、いってみよー!!

 

 

 

「日常に意外と面白いものは転がっている」そんな一日。

f:id:thomas21:20170417001458j:plain

 

 

駅の階段で掲示板を見ながら固まる人

本日の竹原は、バイトのために電車に乗っていないといけない時間に起きてしまうというアクシデントのせいでとても急いでおりました。「あー、やらかしたー」状態です。

しかしながら、急げば遅刻せずに間に合うかもしれないという希望を込めて、急ぎます。そこで、目の前に現れたのが、この駅の階段で掲示板を見ながら固まる人です。

その、切り替えの速さはまるで、あの一斉を風靡したお笑い芸人レギュラーの西川くんのようです。

これです。

f:id:thomas21:20170416233504p:plain

あまりの切り替えの速さに、竹原も一瞬、「え、何か降臨したの?」って覆うレベルでした。しかしながら竹原は急いでいます。

その目の前に、出現した銅像を、まるで反復横跳びをするかのように軽やかによけて階段をおりました。そして、結局のところ遅刻をせずにバイトに間に合ったのですが、思うのです。

 

どうして立ち止まる。

なぜ駆け抜けない。

 

駅の掲示板とは、路線図というか、半蔵門線なら半蔵門線の駅が書いているやつです。

普通、歩きながらで読めるくね。そんなに動体視力が低いんですか?

「あ、私、歩きながらものが読めないの」くたばれ!

 

第一、後ろから大勢の人が迫り来る中で、急に立ち止まるリスクの大きさ。

下手したら、ぶつかられるかもしれない。

そして、仮に逆走を試みたとしても、なかなかのリスク。

 

竹原は思うのです。

階段をおりている途中で何か、懸念点があったり、とりあえず駆け下りて

柱なり、掲示板なりの路線図を読めばいいと。

 

立ち止まるな西川くん!!

 

 

 

頭でリュックサックを背負うメンズ

バイト先は日本でも有数の観光地であるということもあり、たくさんの外国人が訪れます。知らない土地を高いところからみて何が楽しいのか疑問ですが。

バイト終わりに、駅に向けて歩を進めていたところ

目の前から、不自然ない位置にリュックサックがある男性(180cm程度)が歩いてきます。

「ん?リュックどうした? 首の後ろにどうしてリュックがあるの?」と不思議に思う竹原。好奇心が爆発し、ガン見します。

 

そして、ガン見している竹原を余所目に彼は竹原を通り過ぎていきます。

そして、竹原はことの全貌を知ったのです。

 

彼は額に、リュつくサックの肩紐を引っ掛けながら歩行し手たのです。

しかも、リュックはoutdoorでこのモデル。

www.outdoorproducts.jp

 

面白すぎる。どうして彼はリュックを額でバランスを取りながら背負う?(引っ掛ける)システムを導入したのか疑問です。しかも、隣には彼女らしき麗しの女性がいるのにも関わらず。

 

そこで色々と考えて見ました。

 

首の筋肉アピール。

「私は、木の幹のような首をもつ人間です。」

 

額を摩擦により、ピカピカにしたい

戦略的ハゲ化

 

新しいおしゃれなのかもしれない

「あ、俺ってスマートだから、こんなところでリュック背負えちゃうんだよね」

 

実は彼女らしき人も、どこかしらで同じことをやっていた。

人の目につくのが恥ずかしかったんでしょうな。こそっとやるパターンです。

 

 

インスタの連投ごめんコメント

どうして、コメント(説明的な部分のところ)で「連投ごめん」と言うのでしょうか。

謎でしかないです。

そもそも、どうして、悪いという気持ちがあるのにもかからわず、連投をするのか。

連投は事務所の意向ですか〜?違うよね〜自分の意思だよね。

 

そして、その多くが自撮りだと言う事実。

いや、芸能人だったら良い。「世間的にも可愛いとされてる自分の顔面と、桜をみて〜! どっちも可愛いでしょ。ほら、連投してるけど私にいろんな意味で憧れてフォオーしている人は私を多くみれて嬉しいもんね。よかったね。』って思ってるのでしょうから。そして、ニーズとうまくマッチしてる。

 

だがしかし。一般人はなんだ。

自撮りをタイムラインに連投してまで、フォロワー(知り合い)に顔面を見てもらいたのか。そして、見てもらいたいという願望を叶えるサービスにおいての「連投ごめん」はなんなのか。抑えられぬ自分を見て欲しい欲を堪えきれませんでしたということを謝罪するコメント「すいません、十分間隔で投稿すればいいのに、耐えられずに分単位で投稿しちゃいました。連投ごめん」なのか。それとも、とりあえず、「連投ごめん」をいってみたい人なのか。ん、、、。謎だ。

 

 

 

 

そんな訳で竹原の本日の個人的に面白かった出来事でした〜。

 本日もおつかれさまでーす。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険は何故人を惹きつけるのか

こんにちは

105日目です。

 

寝坊に遅延という形で追い打ちをかけられました竹原です。これで運停とかになれば、遅刻の理由になるんすけどね。5分程度だと純粋にバイトに遅刻するだけという悲劇。

 

f:id:thomas21:20170415204041j:image

 

 

さて、本日は竹原の趣味の記事であります。

というのも、竹原はジョジョの奇妙な冒険(通称:ジョジョ)をこよなく愛しておりまして。

この度、このジョジョのアニメがNetflixで観れることを記念して、ちょいとばかし布教活動を行おうと思います。

 

では、

f:id:thomas21:20170415082312j:image

 

 

ジョジョの奇妙な冒険は何故人を惹きつけるのか

 

ジョジョの奇妙な冒険とは

そもそも、なんだジョジョとはという人も多いと思います。

f:id:thomas21:20170415172449j:image

ジョジョの奇妙な冒険とは、荒川飛呂彦作の現在でもウルトラジャンプにて連載中の漫画で、スタンド能力という特殊能力を身につけたジョジョと名に持つ一族がそれを悪用しようとする敵との戦いを繰り広げるというストーリー。現在は7期まで描かれており、それぞれの内容は王道のバトルマンガでありながら、期ごとに時代を変え、主人公を変えるという設定により、ジョジョと名に持つ一族の数奇な戦いを描いている。

そんなわけで、ファンの間では「お前は何期が好きなの?」って話がよくなされます。ちなみに、竹原はジョジョの天敵の子供でありながらも、ジョジョの血を引く少年がマフィアのボスになるまでを描く5期が好きです。

 

 

どうして人はジョジョに惹かれるのか

バトルシーンがかっこいい

f:id:thomas21:20170415195954j:image

ジョジョにおいてのバトルシーンは他とは違います。肉弾戦ではなく、スタンド(背後霊的なやつ)による戦いなのです。そして、このスタンドも様々な種類のものがいるため、遠距離攻撃だったり、近距離型だったり、または呪術系であったりするので、毎回、「こんなやつどうやって倒すんだ!!」って読者は思ってしまうほど追い込まれますが、そのギリギリでの攻防がたまりません!

 

 

キャラクター・スタンドが個性豊か

ジョジョはなんといっても、登場人物のキャラが濃い。そして、そのキャラの特徴を捉えた能力のスタンドもまたとても興味深い。

ということで、竹原の好きなキャラを紹介していく!! ドォーン!!

 
ジョイニ・ジョースター

f:id:thomas21:20170415200306j:image

7部の主人公であります。

歴代の主人公はそれなりにすごい能力を持っていました。 モノを再生する能力、時を止める能力。そんな中で彼が持つのは、爪を飛ばす能力。

「タスク!!」って叫びながら爪を飛ばします。爪です。爪を飛ばすのです。

 

この、「タスク!!」という叫び声のせいで、竹原は英単語テストでtask を爪と書きました。

 

その、爪を飛ばすというシュールさが好き。

 

 

ブルーノ・ブチャラティ

f:id:thomas21:20170415201140j:image

第5部で、主人公の入っているギャングチームのリーダー。冷静ながらも、内には熱い心を持ち、所属している組織の不審な動きに気づき裏切ることを決意する。 腐るっても生きてるほど精神力の強い人です。

 

ちなみに、スタンドのスティッキー・フィンガーズはチャックのスタンドで、ありとあらゆるもをチャックにすることができます。

就活でYKKを受ければ無双だとおもいます。

そして、決め台詞は

「アリーヴェデルチ(さよならだ!!)」

で、これもまた高校時代の竹原はジョジョ立ちをしながら友達に言ってました。あの頃は若かった。

ちなみに、殴るときはアリアリアリアリって言います笑

 

 

パンナコッタ・フーゴ

f:id:thomas21:20170415203021j:image

こちらも第5部のブチャラティチームの一員であります、とても明晰な頭脳を持ち合わせ、一見とても素晴らしい紳士的な人物かとおもいきや、実はとてもキレやすいという側面があり、その特性を反映したスタンドが、パープルヘイズであり、拳に付いたカプセルから殺人ウイルスを撒くという純粋に戦ったら最強のスタンドなんじゃないのかなってレベルで強いスタンドなのですが、スタンドが意思をもっており本人ですら制御できないという弱点がある。

 

恥知らずのパープルヘイズというスピンオフも作られた人気キャラ。

 

 これが竹原の推すキャラクターたちですー。

基本的にネタ要素の強いキャラが多いですね。

 

 

ジョジョが好きだというだけで漫画を知ってる感がでる。

ジョジョって、正直なところかなりアクが強い漫画だと思っています。絵もなんか変な感じだし、色彩も、そして発する言葉も少しイッちゃってる。

そんな、アクを克服することにより、得られるのが漫画を知ってる感。

長年、続いている漫画を読んでいるというアピールで、「え、黒子?トリコ?」って顔をすることができます。

 

「好きなマンガなに?」

「え、ジョジョ。 特に5部のセックス・ピストルズが大活躍するシーンが好き。」

 

このように、具体的に言うことも可能です。

そして、ジョジョはなんてたって、8部まであるため、少しくらい知ったかぶりをしても、バレない!!

 

そして、ジョジョ好きアピールのなかに、

「ジョジョのさー、世界観とかファッションとかすごく好きなんだよね〜」って言うことにより、オシャレさもアピールです。

 

 

そう!ジョジョの奇妙な冒険という漫画は

漫画を知ってる感を出してドヤれるだけでなく、美的センスをもアピールできる最強の漫画なのである!!