読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹ちゃんの世間に対するアレコレ

「当たり前の毎日に新しい視点を。新しい表現を」をテーマに、あまのじゃく大学生が日々の生活を新しい視点からシニカルに文字にしていこうと思います。 お付き合いいただけると幸いです。

お年玉についてのアレコレ 3/365

こんにちは

さっそく続かないフラグが出て来たので

フライング気味に書いてます。

 

今回はお年玉について語ろうかと。

お年玉。

皆さんもらいましたか?

それともあげる側ですか?

 

私は未だに貰う側です。

今回の帰省はお年玉でクレジット代金を支払おうという裏テーマも存在します。

 

まったくのクズですね。

 

大学生になったころは

妹くらいには万札をさっと差し出したかったのですが、、、。はい。

 

そんな訳で、

お年玉を期待できるのも一応大学生である、今年?来年?で最後かなーと思ってます。

 

次はいよいよあげる側ですね。嫌だなー。

 

お年玉というのは

子供を持つ親同士からすれば、

お金をただ行き来させてるだけという捉え方もできるそうです。

従兄弟の親同士でのやり取りだったりとかがそうですね。

 

そこで発生するのが、

金額問題!!←ケチでごめんなさい

 

簡単に言うと

合計金額を揃えるのか、単価を揃えるのかということです。

五人兄弟に一人3000円で合計15000円と

二人兄弟に一人3000円で合計6000円とでは

明らかに前者が得してますよね。

 

まぁ、利害をこのようなことでは考えてはいけないのでしょうが、、。

これを仮に中学卒業までと仮定すると

年間の差額9000円×9年で合計81000円の差額が生じます。あれ、結構デカくねってことです。

 

そんな訳で、二人兄弟の僕は

なんか腑に落ちないなーってずっと思ってました。(自分に還元してほしい)

かといって、合計金額を揃えるのもなんか違う気がする、、。何が正解なのでしょうね。

 

 

話は変わりますが、

LINEでお年玉企画やってますね!

僕もスタンプ買って、友人に送ってるのですが

まさかLINEでお年玉を送れる日がくるとは、、

 

時代も進みましたよね。

 

 

と、関心させながらも

実は単にLINE payへの引き込み企画なだけなんですけどね。

 

 

総額5億円!LINEのお年玉キャンペーンはLINE Pay起死回生の一手になるのか。 : 西村創一朗