読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹ちゃんの世間に対するアレコレ

「当たり前の毎日に新しい視点を。新しい表現を」をテーマに、あまのじゃく大学生が日々の生活を新しい視点からシニカルに文字にしていこうと思います。 お付き合いいただけると幸いです。

ジョジョの奇妙な冒険は何故人を惹きつけるのか

こんにちは

105日目です。

 

寝坊に遅延という形で追い打ちをかけられました竹原です。これで運停とかになれば、遅刻の理由になるんすけどね。5分程度だと純粋にバイトに遅刻するだけという悲劇。

 

f:id:thomas21:20170415204041j:image

 

 

さて、本日は竹原の趣味の記事であります。

というのも、竹原はジョジョの奇妙な冒険(通称:ジョジョ)をこよなく愛しておりまして。

この度、このジョジョのアニメがNetflixで観れることを記念して、ちょいとばかし布教活動を行おうと思います。

 

では、

f:id:thomas21:20170415082312j:image

 

 

ジョジョの奇妙な冒険は何故人を惹きつけるのか

 

ジョジョの奇妙な冒険とは

そもそも、なんだジョジョとはという人も多いと思います。

f:id:thomas21:20170415172449j:image

ジョジョの奇妙な冒険とは、荒川飛呂彦作の現在でもウルトラジャンプにて連載中の漫画で、スタンド能力という特殊能力を身につけたジョジョと名に持つ一族がそれを悪用しようとする敵との戦いを繰り広げるというストーリー。現在は7期まで描かれており、それぞれの内容は王道のバトルマンガでありながら、期ごとに時代を変え、主人公を変えるという設定により、ジョジョと名に持つ一族の数奇な戦いを描いている。

そんなわけで、ファンの間では「お前は何期が好きなの?」って話がよくなされます。ちなみに、竹原はジョジョの天敵の子供でありながらも、ジョジョの血を引く少年がマフィアのボスになるまでを描く5期が好きです。

 

 

どうして人はジョジョに惹かれるのか

バトルシーンがかっこいい

f:id:thomas21:20170415195954j:image

ジョジョにおいてのバトルシーンは他とは違います。肉弾戦ではなく、スタンド(背後霊的なやつ)による戦いなのです。そして、このスタンドも様々な種類のものがいるため、遠距離攻撃だったり、近距離型だったり、または呪術系であったりするので、毎回、「こんなやつどうやって倒すんだ!!」って読者は思ってしまうほど追い込まれますが、そのギリギリでの攻防がたまりません!

 

 

キャラクター・スタンドが個性豊か

ジョジョはなんといっても、登場人物のキャラが濃い。そして、そのキャラの特徴を捉えた能力のスタンドもまたとても興味深い。

ということで、竹原の好きなキャラを紹介していく!! ドォーン!!

 
ジョイニ・ジョースター

f:id:thomas21:20170415200306j:image

7部の主人公であります。

歴代の主人公はそれなりにすごい能力を持っていました。 モノを再生する能力、時を止める能力。そんな中で彼が持つのは、爪を飛ばす能力。

「タスク!!」って叫びながら爪を飛ばします。爪です。爪を飛ばすのです。

 

この、「タスク!!」という叫び声のせいで、竹原は英単語テストでtask を爪と書きました。

 

その、爪を飛ばすというシュールさが好き。

 

 

ブルーノ・ブチャラティ

f:id:thomas21:20170415201140j:image

第5部で、主人公の入っているギャングチームのリーダー。冷静ながらも、内には熱い心を持ち、所属している組織の不審な動きに気づき裏切ることを決意する。 腐るっても生きてるほど精神力の強い人です。

 

ちなみに、スタンドのスティッキー・フィンガーズはチャックのスタンドで、ありとあらゆるもをチャックにすることができます。

就活でYKKを受ければ無双だとおもいます。

そして、決め台詞は

「アリーヴェデルチ(さよならだ!!)」

で、これもまた高校時代の竹原はジョジョ立ちをしながら友達に言ってました。あの頃は若かった。

ちなみに、殴るときはアリアリアリアリって言います笑

 

 

パンナコッタ・フーゴ

f:id:thomas21:20170415203021j:image

こちらも第5部のブチャラティチームの一員であります、とても明晰な頭脳を持ち合わせ、一見とても素晴らしい紳士的な人物かとおもいきや、実はとてもキレやすいという側面があり、その特性を反映したスタンドが、パープルヘイズであり、拳に付いたカプセルから殺人ウイルスを撒くという純粋に戦ったら最強のスタンドなんじゃないのかなってレベルで強いスタンドなのですが、スタンドが意思をもっており本人ですら制御できないという弱点がある。

 

恥知らずのパープルヘイズというスピンオフも作られた人気キャラ。

 

 これが竹原の推すキャラクターたちですー。

基本的にネタ要素の強いキャラが多いですね。

 

 

ジョジョが好きだというだけで漫画を知ってる感がでる。

ジョジョって、正直なところかなりアクが強い漫画だと思っています。絵もなんか変な感じだし、色彩も、そして発する言葉も少しイッちゃってる。

そんな、アクを克服することにより、得られるのが漫画を知ってる感。

長年、続いている漫画を読んでいるというアピールで、「え、黒子?トリコ?」って顔をすることができます。

 

「好きなマンガなに?」

「え、ジョジョ。 特に5部のセックス・ピストルズが大活躍するシーンが好き。」

 

このように、具体的に言うことも可能です。

そして、ジョジョはなんてたって、8部まであるため、少しくらい知ったかぶりをしても、バレない!!

 

そして、ジョジョ好きアピールのなかに、

「ジョジョのさー、世界観とかファッションとかすごく好きなんだよね〜」って言うことにより、オシャレさもアピールです。

 

 

そう!ジョジョの奇妙な冒険という漫画は

漫画を知ってる感を出してドヤれるだけでなく、美的センスをもアピールできる最強の漫画なのである!!