読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

竹ちゃんの世間に対するアレコレ

「当たり前の毎日に新しい視点を。新しい表現を」をテーマに、あまのじゃく大学生が日々の生活を新しい視点からシニカルに文字にしていこうと思います。 お付き合いいただけると幸いです。

ゴールデンウィークにより動き出した世界

こんにちは

120日目です。

 

ゴールデンウィークの普段眠っている世界が動き出した感に好感を覚えた竹原です。

子供から大人まで、生き生きとしてる感。

 

 

そんな竹原は本日はアルバイトdayで朝から働き

バイト後は謎の開放感と気持ちの良い天気に影響され謎に一人飲みしていました。

 

本日の記事は竹原が今日一日で経験しメモ帳へと書き込んだ出来事シリーズです。

 

では、いってみよう!!

 

 

ゴールデンウィークにより動き出した世界

f:id:thomas21:20170501011737j:plain

*最近は、素材モデルなんていうブランディング方法があるらしいですよ。

 

見返り美人ならぬ見返りふかわりょうぽい成人男性

竹原はバイトを終わり席のホームを歩きます。

ゴールデンウィーク、そして日曜日ということもあり

観光地スカイツリーの駅は人がいっぱい。混雑しています。

 

そんな中で、できるだけ座って帰りたいので

一番奥の乗り場に行きます。

竹原的に、この一番奥ってたまにモンスターがいるのですが

本日も不意にモンスターと出会いました。

 

一番奥の乗り場に到着すると

目の前には三十路くらいの帽子をかぶった成人男性

そして、そこそこ綺麗な25歳くらいの女性

おそらく、カップルなんだろ〜な〜なんて思いながら竹原は線路側を向いています。。

 

そうしてると、

帽子をかぶった成人男性に動きが、、

腰に手を当てて、腰をひねるようにして後ろを向いてきます。

 

不意に男性とこんにちはをしてしまう竹原

目があってしまいます。

(ちなみに男性のルックスはふかわりょうを少しさっぱりさせた感じ)

 

竹原の中に去来する「き、きまず」って感情。

ついつい目をそらしてしまいます。

 

それに味をしめたのか

男性は、これを繰り返してきます。

それも、腰をひねるスピードをさらにあげて

 

フンッ

フンッ

 

というように。

 

その度に前を向いている竹原は

毎回、腰が伸びるという快感に満ちた成人男性の顔と

こんにちはします。

 

人の快感に満ちたぬすけた顔ほどみてて辛いものはない

竹原は笑いにこらえるのが必死です。

 

すんごい気持ち良さそうなんです。

そして、フンッフンッ効果音付きで。

 

フンッと音の後に去来する快感、その高速スピンの間に変わる表情。

その一連の流れを掴んだ竹原は徐々にタイミングをとり

こんにちはする瞬間に死んだ目でそのぬすけた表情をする男性と対峙します。

 

イメージ的にはブルゾンちえみの

「with B」っていう瞬間のカチって感じです。

 

必死に対峙したのですが、快感に満ち溢れた段階は

注意力が薄くなるらしく、竹原の必死の抵抗に気がつきません。

 

最終的に耐えられずに吹き出した、竹原のKO負けです。

 

 

ま、そんな風に気の抜けた表情でふりかえってくる

男性に一方的に苦しめられた竹原でした。

 

 

 

 

森の妖精リターンンズ 〜王の帰還〜

家から駅までの間に、都市開発により意図的に作られた緑地的なのがあるのですが

休日になるとその草むらの中に鎮座する少年がいるのです。

竹原はその少年を森の妖精と読んでいます。

 

その佇む姿はまるで植物そのもの

太陽の方を向き、まるで光合成をするかのように鎮座しています。

 

 

そんな森の妖精ですが、最近なかなか見つけることができなくて

ついに、光合成よりもゲームが楽しいお年頃になったのかな

なんて思ってたのですが

本日ついに見つけました。見つけ出しましました。

 

本日の森の妖精は植物としてではなく

ハンターとして、緑地の中で何かを探してました。

 

田舎ではありながらも

割とコンクリートジャングルであり、子供も家の外に出ない中で

外でこうやって遊ぶ、それも一人で。

そんな森の妖精の姿が懐かしくもあり嬉しくもあった竹原でした。

 

 

 

そんな訳で、明日は平日ですね。

急に現実世界の呼び戻された感じですね。